ごった煮

職業はITエンジニア、趣味はゲーム、散歩、読書などです。ITに限らずいろんな事をカオスに書いていきます。

正しい行いをすることに...

もう随分前になりますが、ヒラリーがトランプとの大統領選に負けた時のスピーチで色々と思うことがあったので投稿します。

mikachanko.hatenablog.com

上記では完璧なスピーチだと賞賛していますね。自分はニュースなどでちらりと見ただけなんですが、引っかかったのはスピーチの以下の部分です。

正しい行いをすることに疲れ果ててしまわないようにしましょう。失望せず、あきらめずにいれば、やがて祝福を刈り取る日が来るからです。

これ聖書からの引用らしいですが、引っかかったのは「正しい行い」ですね。

民主主義なのだからより多い指示を得られた方が「正しい」はずです。ヒラリー氏のこの発言は選挙に負けた上での発言なので極論すれば民主主義の否定と言ってもいいかと思います。

私はリベラルというのがどうも好きになれません。日本でいう建前と本音の建前の部分が強すぎて信用できないというのが根底にあります。

多分、このような考えになったきっかけはオバマ大統領のノーベル平和賞の受賞にあります。私の考えでは現在のこの世界の一番の殺人者はアメリカの大統領です。直接的には手を下していませんが、彼が一番の責任者ですし、死人が出る指示も多く出しているはずです。そのような世界一の殺人者がノーベル平和賞を授与するのは茶番でひどく偽善的に写ってしまいます。

オバマ大統領は核の拡散防止などに尽力したかもしれません。しかしアメリカはミサイル防衛など軍事的優位に立てるような施策は常に行なっており、このような状況で核だけ拡散防止をした所で自国の都合のいいように物事を捉えていると思われても仕方ありません。プーチンオバマを嫌っているようですが、このような所が合間みれないのだと思われます。

トランプの言動は過激ですし、直接的すぎますが、偽善的でないという事に関してはトランプの方が好感が持てます。例えばトランプは我々の側にも殺人者はいると明言し、身内から批判を受けているようです。私にはただの正直な発言だとしか思えませんが。

トランプ氏「我々の側にも殺人者」…批判の声 : トランプ大統領 : 読売詳報_緊急特集グループ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「正しい」とは何でしょうか?100人いれば100人の正義があると思います。その人、その人なりのそれぞれの正義が。この世界に絶対的な正義などありません。基本的には法治国家では法律が正義ですが、法律も変える事が可能で、時勢によって変わる可能性は常にあります。

私がリベラルを指示できない一番の理由が我々は正しい事をしている、と考えている風に見え受けられる事です。このような考えは危険だとすら思っています。

例えばアメリカのリベラルは移民を制限せずグローバルな経済がいいと思っているでしょう。しかし、グローバル化や移民の流入によって職を失うような人々も一方でいます。このような人々がグローバルな経済や移民を歓迎できないのは当然でしょう。

リベラルな人たちは高学歴な人々が多く、グローバル経済になった方が利益が出て、移民の影響を受けないような人々が多いです。要するに自分達の利益を損なわない考え方を支持している訳で、それをこれは正しい事だからと利益を損なう人々に強要できると考えたらそれはもはや民主主義ではありません。(もちろんそこまでは考えていないでしょうが)

我々は正しい行いをしているという時にはそれによって利益を損なう人々がいるという事を念頭に少しでも置いているかどうか。私が考えるリベラルの危険性は、「正しい行いなのだからそれを行う事は正しい」という安易な論理的帰結に陥っている人々が多いように思えることへの懸念です。

ただリベラルを全面的に否定するつもりはありませんし、トランプのように保守すぎるのはどうかと思います。バランス感覚を持った人にトップに立ってもらうのがいいですが、それでは多くの人の支持を得にくくなるので、これが民主主義の難しい所かと思います。

君の名は。を(途中まで)観て

遅ればせながら「君の名は。」を観てみました。

www.kiminona.com

大絶賛の嵐で、周りからも前評判を聞いており、これは観なければなと思っていた映画でしたが、結論からいうと期待はずれでした。

映像は非常に綺麗でしたし、ストーリーもテンポよく進み悪いところはないと思いますが、私がそもそも恋愛ものに全く興味がありません。ある程度までは観ましたが、興味なしからみるのが苦痛になってきたので途中で観るのをやめました。

全米No1とかいう映画の宣伝文句は、その映画が面白いかどうかの指標には全くなりませんが、日本でここまで評判がいい映画ではずした事はなかったので、自分の感覚が世間からずれてきているのか、ただおっさん向けの映画ではないのか、色々考えさせられる意味では印象に残った映画になりました。

少し先にエイリアンの新作が出るのでこれは楽しみです。監督はあのリドリー・スコットですし、これはハズレはないので映画館まで観に行くつもりです。

www.foxmovies-jp.com

いやー映画って本当にいいものですね。

それでは、再见、Paalam、Goodbye

牛かつ初めて食べました

牛かつ食べた事ありますか?最近初めて食べたのですが、これはうますぎです。

retrip.jp

トンカツのように脂身を使用せずモモ肉など脂身がない部位を使って料理されているので、しつこい感じはあまりなくペロリと食べれてしまいます。衣に包まれた赤身肉をレアで絶妙のソースをかけて食べる。うーんたまりませんね。

黒べこなどはエリアによっては出前もやってますので、一度頼んでみる事、おすすめです。値段は2千円ぐらいでちょっとしますが。。

demae-can.com

最近食べた中では牛カツがベストワンですね。これ以外で食べ物では少し前にゴーゴーカレーにハマりました。

www.gogocurry.com

結構年配の人とかも店にはいるので、年齢問わずに愛されるようです。最初店にいった時はカレーなのにフォークだけでスプーンが出てこないので忘れてるのかと思いました^^

本場のインドカレーとも日本の普通のカレーとも違う、独特なカレーですが、なぜか癖になります。食べないでいるとまたゴーゴーカレーを食べたい!となります。

大体の物は食べてきたような気になっていましが、世の中まだ美味しいものはあるものですね。食べ物でも先入観に囚われずに美味しいものを発掘していきたいです。

ミニドローン買いました

買ったのはこれ

www.amazon.co.jp

手のひらサイズのドローンです。初めて到着した時はあまりの小ささに子供の頃のワクワクを久しぶりに感じました^^

子供用となっていますが、初めて買うドローンの練習用には良さそうな感じです。小さいので室内でも動かせます。音は多少ありますが、掃除機ほどじゃなく、換気扇よりは大きいぐらいの音ですね。深夜に飛ばす以外は近所迷惑にはならないレベルですね。

初めて飛ばしてからコツを覚えるのに数十分。最初どこが正面か分からなかったのですが、赤のランプが付いているカメラ面が正面と気づき、その後、ある程度、思った通りに飛ばせるようになりました。

小型の為、このドローンはパワーがないです。室内だとエアコン送風でも影響を受けます。無風ぐらいの日でないと外ではなかなか飛ばすのは難しいです。

仕事とは全く関係ないのですが、ドローン検定というのがあり、これにトライしてみようかと考えています。

drone-kentei.com

理由はドローンが世の出始めで試験がゆるいだろうからです。車の免許もそうですが、昔の人はすごい簡単な試験で免許を取得しています。

これと関連する無線の資格もあったらいいかも。無線も仕事や趣味でやってる訳ではないですが、ドローン操縦士へ職替えする時などはあった方が有利な感じです。

ミニドローンはある程度、自在に動かせるようになってきたので、次は動画の撮影などにトライしてみようかと思います。少しずつスキルアップしていって、商用手前ぐらいのドローンを買うのが今の目標です。

ミニドローンは飛行は連続で10分も持たないのと室内でただ飛ばすだけだとすぐに飽きてしまいますが、気分転換ぐらいの趣味にはいい感じです。

筋トレとロードバイクと白湯

白湯を飲み始めました。

この白湯、水を沸騰させたのをある程度、冷ましただけの飲み物なんだけど、夏場で冷たい飲み物ばかり飲んでるから胃腸が弱っているのだろうか、不思議と美味しく感じる。

この白湯色々な効用があるそうです。

matome.naver.jp

なんだか最近太って、下腹が出てきている。それだけならまだいいけど、空腹感をあまり感じない。ダイエットしようと思って、炭水化物を抜いた食べ物を取ってるんだけど、あまり腹が減らないんですね。多分エネルギー過多の状態になってしまってるんだろうけど、胃腸に満腹感というか変な停滞感を感じるので白湯も飲み始めてみる事にしました。

エネルギー過多の状態は食い物減らすでもいいけど、それでは時間がかかりそうなので、しばらく3ヶ月間ぐらいは継続して、筋トレとロードバイクでの通勤30分ぐらいをやってみようと思っています。

筋トレはちょこちょことはやっていたのだけど、筋肉つけようというよりは軽い運動程度で、1週間に1度ぐらいの頻度でしかやってなかった。筋トレも様々ないい効能があるようなので、ここで3ヶ月ぐらいは筋肉がついたことを実感できるような継続したメニューをこなしていこうと思ってます。

matome.naver.jp

筋トレのメニューは上半身は腕立て、腹筋、背筋、ダンベル、下半身はスクワット、片足スクワット、大体時間にして45分前後ぐらいのメニューで。

後、エネルギー過多はロードバイクで解消しようと。今、通勤に電車を使っているのだけど、ロードバイク用の駐車場を職場近くに借りるだけ借りて、ほぼ使っていない状態。この駐車場を使えばロードバイクで30分ぐらいで通勤できるので、少し気合い入れてやってみようと思います。やっぱり朝になるとまあいいかとなっちゃうんですよね。これは気合いで乗り切るしかない。1年ぐらい前は大体1年ぐらい自転車で通勤しており、その時はエネルギー過多の状態になる事はほぼなかったから。

私は今40前ぐらいですが、人間歳を取っていくとあまり食べなくてもよくなる。若いうちは新陳代謝がいいから、ある程度なら食べても勝手にエネルギーとして発散されていくけど、歳を取っていくと、停滞してきちゃう。その解消には食う量を減らすか、運動するかになるけど、今以上に食べる量を減らすのは良くない気がするので、運動で解消する事にしました。

とりあえず3ヶ月は必ずに続ける事の宣言。3ヶ月後にこのブログを読み返して、よしよしできたと実感できるように備忘録の意味も含めてこのブログを書いて見ました。

おい、3ヶ月後の俺、継続できてるよな!

それでは。

タフなインド人

今日はロードバイクで神田大明神に行ってみた。

www.kandamyoujin.or.jp

距離にして約20kmだが、道に迷ったりもしたので、1時間半ぐらいかかった。

今日は最高気温32度くらいで猛暑日という事だったが、自転車では35度ぐらいまでだったらある程度、快適に走れる感じがする。ある程度のスピードは出て、心地よい風を感じることができる。

行きの神田大明神までは途中自転車屋によって、ロードバイク取り付け用のドリンクホルダーを買って、取り付け、そのままノンストップで。

朝から何も食べてなく、神田大明神で屋台が何軒が出ていたので、何かを食べる事にした。前に行った時には屋台など出ていなかった気がするのだが今は何かの祭りの最中なんだろうか?或いは夏限定で屋台が出るとか。屋台を何軒か見ていると、シシカブサンド?という物が目についた。どうやらインド料理らしい。食べた事が無い物で興味を惹かれたので買って食べてみる事に。

この屋台のインド人のおっさんが元気がいい。日本式の呼び込みで、「いらっしゃい!いらっしゃい!」、「おにいさん、シシカブ美味しいよ!」と周りのどの日本人の屋台より元気よく呼び込みをやっている。しかも一人で。

シシカブサンドと、それではでは物足りないかもしれないからチーズ棒というのがあったので、それも頼む事に。チーズ棒は1本300円、5本で1000円だった。

「シシカブサンドとチーズ棒1本」と頼むと

「はい、チーズ棒5本で1000円ね」と返してくる。そしてそれを用意しようとするので、

「1本で」と聞こえていないなのかとまた頼むと

「今、5本で1000円お得だよ」とまた返す

「いや、1本で」とまたまた返すと

「じゃあ3本500円にしとくよ」と返してくる。

このチーズ棒、フランクフルトぐらいの大きさがあり、そんなにも食えそうにない。

「いや、1本でいいから」と強めに返す。

「あ、一人なの?今なら3本で500円でお得だよ」とまだ勧めてくる。

「1本で」とさらに強めで返した所で、渋々と言った感じでようやく1本の注文が通った。

もし家族連れとかなら5本でも強く勧められるといいか、と思ってしまうかもしれない。初めての本場のインド人との商売ごとの交渉ができたようで面白かった。ただあのやり方は相手によっては喧嘩売ってんのか?と日本ではなってしまう事もあるだろう。まあ相手は選んで交渉しているのだろうけど。

並んでる屋台の中、一人で日本人たちの誰よりも元気で、商魂たくましいインド人。インド人はタフだと聞いていたけど、それをまざまざと実感させられた屋台だった。

都市伝説

やりすぎコージーという番組で芸人都市伝説というコーナーがあり、好きでよく見ていました。他にはオカルト系でムーという雑誌があり、それも好きで中学生ぐらいから若干間を飛ばしながらも読んでいます。

やりすぎ都市伝説 - Wikipedia

こういうオカルト系をそのまま信じる事はないですが、知的好奇心が刺激されるのが好きで見てきました。

さて、今回都市伝説という事ですが、世間には全く出回っていない、私の頭の中の妄想の中にある都市伝説について書きたいと思います。証拠は全くないですし、基本妄想の垂れ流しの都市伝説という事でよければ読んで見て頂ければと思います。

 

みなさんサンカという存在があった事はご存知でしょうか?山の民と言われていた人達で日本の原住民とも言われ、昭和のはじめぐらいまでは実際に戸籍を持たずに山の中でのみ生活していた人々がいたそうです。

サンカ (集団名) - Wikipedia

このサンカ小説の題材にされた事があります。確か出版社とヤクザにサンカ出身の人がいて、その人達がサンカネットワークを使って、戦後大きな会社組織を作っていた、そしてサンカの人々は山への信仰を今も持っているというような物語の構成があったと記憶しています。なかなかロマンがあり面白い小説です。

www.amazon.co.jp

私はこの作品でサンカを知り、興味を持って色々本を読んだりした事がありました。

さて話はガラリと変わりますが、前に○○大戦争という映画がありました。この映画はある出版社の何十周年記念の映画でした。芸人さんが多く出て話題になりコミカルながらも大人も楽しめるような映画です。私も観ましたが面白くみた記憶があります。

この映画が出た時に単純に疑問に思いました。なんで出版社の何十周年の記念になるような映画に○○大戦争というような映画を選んだのだろうと。この映画特に原作などはなかったはずです。出版社なら賞を取った作品の映像化など、話題になりお客も入る題材は他にあったと思うのです。

そんな疑問を持ちながら映画を観てみると、その映画、主人公の少年が何故か映画の途中で山に剣を取りに行きます。そしての剣が決め手となり妖怪たちを倒すというようなストーリーだったと記憶しています。

なんか変わったストーリーだなと思っていましたが、ここでサンカの人々が剣を象徴的に扱っていた事を思い出しました。そしてこのように推察しました。

もしからしたらこの出版社の創業者達はフィクションの小説の風の王国のようにサンカの末裔で、何十周年の記念の映画で、サンカの人々の象徴となる剣を山に取りに行かせるストーリーを通じて、同じサンカの仲間の人達に我々はまだ健在だぞっと隠喩的に知らしめたのではないかと。

はい、完全な妄想です。しかしもしこのブログで不利益を被る人がいればすぐに言ってください。すぐに削除します。誰かが幸せになれない物など載せてもしょうがないですから。

以上、妄想の垂れ流しでした。