ごった煮

職業はITエンジニア、趣味はゲーム、散歩、読書などです。ITに限らずいろんな事をカオスに書いていきます。

大卒の優位性

大卒の優位性について、書きたいと思います。ちなみに筆者は高卒です。大卒だからと優越感を持っている訳では無いのであしからず。。

相対的に優秀である

みんながみんなそうでは無いですし、大学にもよりますが、高卒に比べると知識の総量、幅、思考能力などで相対的に優秀です。職種によっては大卒であろうが、高卒であろうがあまり関係の無いような職種もありますが、ブルーカラーの職場で大卒軽視のような風潮があるような所はブラック率が高いです。あくまで相対的に優秀だという事で。もちろん高卒であっても優秀な人はいます。

肩書きと人脈

人脈を作る為、旦那を捕まえる為に大学に行くというような人も中にはいます。大企業になれば有名大学で無いと出世が難しい所もあり、これは明らかな優位性となります。

我慢強い

大学に入れたという事は、面白くも無い勉強を我慢強く続けられたという事になります。おそらくこれが社会に出てからの実質的な一番の優位性になるのでは無いでしょうか。仕事をやっていて楽しいのは1割にも満たないのがほとんどでしょう。面白くも無い仕事を我慢強くやる必要があります。大卒であれば飽きっぽい人や忍耐力が無い人では続けられないような仕事でも続けられる可能性が高まります。

もし自分が人事担当でネームバリューがある会社にいるなら大卒で、その人物自体を見るような採用方法を取るでしょう。我慢強いというのは何者にも変えがたい特性です。

ただこれだけでは高卒に救いがありません。大卒であっても社会に出て勉強しない人は多くいます。必要に迫られての資格勉強など以外はほとんどしないという人がほとんどでないでしょうか。出世に学歴があまり関係のない会社、或いは、起業などで戦略的に勉強する時間を取って、知識、思考能力を高めていけばのし上がっていけるはずです。

意思あるところに道が路が拓かれる

誰が言った言葉か忘れましたが、なんとなくかっこいいのでこの言葉で締めます。(言葉は信じない by 銃夢